• HOME
  • 遺言書の書き方

遺言書の書き方

遺言書の作成に当たっては、法律で定められた方法に従うことが必要です。作成の方法は遺言の方法によって異なります。以下では、自筆遺言証書作成のポイントと、公正証書遺言の説明をします。

 

遺言を残す方の意思を確実に実現するためには、法的な知識も必要になります。また、遺言の内容によっては、死後に相続人等の間で紛争を発生させる場合もありますので、弁護士に相談した上で、作成されることをお勧めします。

 

1.自筆遺言証書作成のポイント

①遺言書の作成は全文自筆で行なうこと。
②用紙は自由で、縦書き、横書きどちらでも大丈夫です。
③筆記用具は自由ですが、鉛筆よりは、ボールペン、万年筆が良いでしょう。
④遺言書には、日付、氏名を入れることが必要になります。
⑤押印も必要です。認印や三文判でも認められますが、実印が好ましいです。
⑥記載した内容を修正・変更する場合には、当該箇所に押印し、その上部に修正・変更の内容を記載し署名する必要があります。

2.公正証書遺言作成のポイント

①証人2名以上とともに公証役場に出向くことが必要です。
②遺言者が遺言の内容を公証人に口述します。
③公証人がその口述を証書に記載します。
④筆記した内容は、遺言者・証人に読み聞かせるか、閲覧をさせる必要があります。
⑤遺言者、証人が記載内容に間違いがないか確認し、各自署名・捺印します。
⑥公証人が法律が定められた手続きに従い、作成されたものであることを付記して、署名・押印を行ないます。

相続についてもっとお知りになりたい方はこちら

●相続問題でお悩みの方へ
●当事務所の相続問題解決事例
●相続とは?
●遺言書の種類
●遺言書の書き方
●遺産分割の方法


まずはお気軽にご相談下さい

ImgTop6.jpg

●ホーム
●弁護士紹介
●事務所紹介
●アクセス
●弁護士費用

〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
TEL:03-5456-5216/FAX:03-5456-5217 受付時間:平日9時30分~18時
初めての方でも安心してご相談いただける相続・遺言問題に詳しい渋谷の法律事務所です。
© 2013 渋谷・世田谷で弁護士への相続トラブルのご相談なら渋谷シエル法律事務所 All Rights Reserved.