弁護士経験20年以上の豊富な実績。相続・遺産分割に強い渋谷・世田谷の
女性弁護士なら渋谷シエル法律事務所
渋谷・世田谷 弁護士による相続・遺産分割相談渋谷・世田谷 弁護士による相続・遺産分割相談
お電話によるお問い合わせはこちらから
03-5456-5216
受付時間:平日10時~17時

事例⑥ 遺言書に遺言のいきさつを書き添える

事例⑤のケースでは、一人っ子の相続人からすると、何で自分の配偶者にも遺産を残すような遺言をするのか、腹を立てる人もいるかもしれません。

 

しかし、遺言を残す側からすれば、それ相応の理由があるわけで、その理由を、遺言書に添えて、分かり易く残しておけば、遺言者の真意を伝えられ、尚かつ、相続人の気持ちも和らぐことになります。

 

その方法として、遺言書本体に添えて、付言事項として、遺言のいきさつを残すことが出来ます。事例⑤のケースでは、ご希望もあったので、そうしました。

相続についてもっとお知りになりたい方はこちら

まずはお気軽にご相談下さい

ImgTop6.jpg
無料法律相談はこちら 初回法律相談0円 03-5456-5216 受付時間:平日10時~17時 詳しくはこちら