弁護士経験20年以上の豊富な実績。相続・遺産分割に強い渋谷・世田谷の
女性弁護士なら渋谷シエル法律事務所
渋谷・世田谷 弁護士による相続・遺産分割相談渋谷・世田谷 弁護士による相続・遺産分割相談
お電話によるお問い合わせはこちらから
03-5456-5216
受付時間:平日10時~17時

事例⑩ 賃料収入の独り占め

遺産に不動産があると、資産家であればある程、収益物件を多くお持ちです。その場合、相続人のうちの特定の人が、被相続人に代わって、賃料収入を独り占めすることがあります。


法的には、このような場合を想定して、相続財産管理人という人(弁護士がなることが多い)を裁判所が選任して、遺産分割が終了するまでの間、管理させることもできることになっていますが、実際には、利用されることは殆どないようです。

相続財産管理人に対する報酬も遺産の中から支出されることになりますし、テナント(入居者)に裁判所から通知が行くことにもなるので、余程の事がない限り、申立をすること自体がないのかもしれません。


実際には、相続人の一人が相続人全員のために、賃料の徴収・管理を行い、収支の報告をしてくれれば良いのですが、報告をしなかったり、現金がない相続人が分配を求めても分配してくれない場合もあります。そのようなケースでは、裁判所に提訴して、返還請求を行うこともあります。

相続についてもっとお知りになりたい方はこちら

まずはお気軽にご相談下さい

ImgTop6.jpg
無料法律相談はこちら 初回法律相談0円 03-5456-5216 受付時間:平日10時~17時 詳しくはこちら