相続コラム② 高齢社会と相続人の調査

最近は、高齢社会となり、80歳台、90歳台になって亡くなられる方が増えています。それ自体は、喜ばしいことですが、そうすると、既に配偶者も亡くなっている場合が多く、しかも、亡くなられた方にお子さんがいない場合には、兄弟姉妹が相続人になるため、高齢の兄弟姉妹が相続人になるケースが結構あります。


そうすると、例えば、高齢の兄弟姉妹が5人いたとして、そのうち1人が既に死亡していた場合には、死亡した人の子供が、代わりに相続人になります(その人を代襲相続人といいます)。さて、こんなケースでは、往々にして、自分たちの兄弟姉妹とは行き来があるが、兄弟姉妹が亡くなった後は、その子供や配偶者とは、つきあいがなくなり、今どこに住んでいるのかも分からない、といったことが起こります。


このようなケースでは、全ての相続人が揃わないと、亡くなった方の預金を解約できなかったり、遺産分割協議ができなかったりと、相続問題が進まなくなってしまいます。そこで、亡くなった兄弟姉妹の戸籍謄本や住民票を調査したり、過去にいた居住地を調査したりして、捜し出すことが必要になります。


これは余談ですが、相続人調査の結果、亡くなった兄弟姉妹の子供と連絡がとれるようになり、それまで途絶えていた親戚づきあいが再会するという喜ばしいケースもあります。

その他の相続コラムはこちらから

No
事例の内容
1
相続コラム① 「遺言書があるはずだ!」
2
相続コラム② 高齢社会と相続人の調査
3
相続コラム③ 同居していないと分からないことばかり!
4
相続コラム④ 同居人への包括遺贈
5
相続コラム⑤ 成年後見の時代
6
相続コラム⑥ 税理士さん、会計士さん、司法書士さん
7 相続コラム⑦ 遠方の相続


まずはお気軽にご相談下さい

ImgTop6.jpg

●ホーム
●弁護士紹介
●事務所紹介
●アクセス
●弁護士費用

〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
TEL:03-5456-5216 受付時間:平日9時30分~18時
初めての方でも安心してご相談いただける相続・遺言問題に詳しい渋谷の法律事務所です。
© 2013 渋谷・世田谷で弁護士への相続トラブルのご相談なら渋谷シエル法律事務所 All Rights Reserved.